スマホ料金を約70%安くする方法

ドケチの格安SIM

格安SIM選び

【実録レポ】シニア世代の母に格安スマホを契約してみた

格安スマホをシニア世代の母に契約してあげた

高齢の両親や祖父母など、シニア世代の家族にスマホを持たせたいという人は多いと思います。

 

でも、シニアの実際の申し込み例とか、その後の使いこなし具合が気になりませんか?

しぶちん
このあたりの実例って、ほとんどネットに転がってないんですよね

 

実は、このたび筆者の母親(76歳)がガラケーからスマホ(格安スマホ)に乗り換えました。

 

しかも、2019~2020年の年末年始のわずか3日間で乗り換えることに成功したので、参考までにご紹介します。

 

この記事でわかること

  • シニア世代の格安スマホの申し込みの流れ
  • 格安スマホは年末年始に申し込みできるか
  • 申し込みに必要な準備や心構え
  • シニア世代にスマホの使い方を教えるのは大変?
しぶちん
ぜひ最後までお読みください!

 

シニア世代の母は以前から格安スマホを持ちたがっていた

シニアの格安スマホ

まずは筆者の母親のスペック紹介から。

 

しぶちん母のスペック

  • 現在76歳
  • 信州地方の某所に一人暮らし
  • 市内だけどけっこう田舎
  • 自宅にネット環境はない
  • ガラケー(ソフトバンク)歴10年ほど

 

こんな母が1年ほど前から、「私もそろそろスマホにしようかしら…」と言っていたんですよね。

 

そのときに、それとなく格安スマホの存在を教えたところ、「安い方がいいからそれにするわ」と言っていたんです。

 

実家にはネット環境もないし、近隣に取り扱い店舗もなし

自宅にはネット環境なし

申し込みをしようにも、そもそも母はパソコンなどは一切使わないので、ネット環境が自宅にありません。

 

しかも、田舎なので近隣には格安スマホの取り扱い店舗はありません。

 

車でも運転できれば少し離れた店舗まで行くことはできるのでしょうが、母は自転車しか使えません。

 

しぶちん
つまりネット経由での申し込みも店舗での申し込みも難しい環境におかれているということです

 

おそらく日本全国を見渡せば、こういうシニアの方はかなり多いと思います。

 

電話窓口があった!…でもやっぱり一人では無理っぽい

格安スマホの電話窓口

いろいろ考えたところ、格安スマホを扱うMVNO(仮想移動体通信事業者)の中には、電話での申し込みに対応したところがあることを思い出しました。

 

しぶちん
ただし電話で申し込みできるMVNOは少なく、目ぼしいところではmineoBIGLOBEモバイルなどが対応しています

 

しかし、よくよく考えてみるとスマホのスの字も知らない母が、電話であっても自力で手続きができるわけがないんですよね…(;^_^)

 

しぶちん
プラン選択やSIMの種類など絶対にわからないわけで…

 

申し込みを代理するにしても遠方なのでいろいろと面倒

遠方なので格安スマホの申し込みが大変

となると、息子である私が代理で申し込みをすることになるわけですが、以下のような問題点が出てきてしまいます。

 

代理で申し込む場合の問題点

  • 筆者の方でネットで申し込むにしても、本人確認書類を事前に母から借りる必要がある
  • スマホとSIMの受け取りは母宅になるので、設定や使い方を教えられない
  • かといって、母宅は遠方なので年末年始くらいしか帰れない

 

しぶちん
遠方に住むシニアにスマホを持たせるのは予想以上に面倒です

 

結論:年末年始に帰省した数日間で一気に契約するしかない

年末年始に格安スマホを申し込み

いろいろ考えて、結局筆者が導き出したのが「帰省した年末年始で一気に契約する」という結論でした。

 

スマホを受け取ったら、そのまま設定や使い方のレクチャーもできますしね。

 

ただし、年末年始という特殊事情を考えると、

しぶちん
そもそも年末年始ってMVNOは営業してるの?

という疑問がわいてきます。

 

年末年始でも通常営業のMVNOがあった!

年末年始でも通常営業の格安スマホ

最近は働き方改革の影響もあり、スーパーやコンビニでさえも一部休業をするご時世。

 

きっとMVNOも一斉休業するのだろうと思ったところ、以下のようにいくつかのMVNOは営業していることがわかりました。

 

ただ、MVNOによって業務の範囲がまちまちなんですね。

 

2019年-2020年 主要MVNOの年末年始対応

  • mineo:通常通り
  • IIJmio:MNPでの申し込みは通常通り。新規は2019/12/25までに本人確認ができれば年内配発送。それ以降は2020/1/6以降の発送。
  • OCNモバイルONE:申し込み自体は通常通りだが、2020/1/1、1/2の配送はお休み。
  • LINEモバイル:申し込み自体は通常通りだが、ドコモ回線は2019/12/28~2020/1/1、ソフトバンク回線とau回線は2020/1/1~1/3の発送はお休み
  • 楽天モバイル:通常通り
  • BIGLOBEモバイル:通常通り
  • UQモバイル:審査完了が2019/12/29/06:59までの場合は、当日発送。審査完了が2019/12/29/07:00以降の場合は、2020年 1月 5日(日)より発送。
  • ワイモバイル:通常通り

 

というわけで契約してみました!

格安スマホの契約の流れ

年末年始でも申し込みができることがわかったので、帰省翌日の2019年12月31日の午前中に、私のスマホから母の名義で申し込むことにしました。

 

母がスマホに求める条件

まず、母にどういうスマホやプランがいいか聞いてみたところ、以下のような希望が出ました。

 

母の希望条件

  • MNPではなく新規で申し込みたい(今の番号はいたずら電話が多いらしい)
  • 端末にこだわりはないので安いのでいい
  • MVNOの違いはよくわからないので適当に選んで
  • プランもよくわからないので適当に選んで
  • とりあえず電話、メール、Web、地図、メモ、LINEが使えればいい
しぶちん
ほとんど私にお任せという感じですね

 

MVNOはmineoのDプラン3GB、端末はAQUOS sense2に決定

年末年始も通常通り業務を行っているMVNO中では、迷うことなく私もユーザーであるmineoがイチオシです。

 

mineoの主な特長

  • 関西電力のグループ会社なので信頼性が高い
  • 音声通話SIMでも最低利用期間と違約金が無い
  • 各種調査で顧客満足度1位を連発(参考ページ
  • フリータンクなどユニークな機能が充実
  • 通信容量の繰り越しや速度切り替えなどに対応
  • スマホの使い方などを問い合わせできるオンラインチャットやフリーダイヤルがある

 

しぶちん
チャットだけでなく、フリーダイヤルの窓口があるのはシニアにやさしいといえると思います

 

mineoを実際に使ってわかった本当の評判とメリット・デメリット

続きを見る

 

そしてプランや端末は以下を選択しました。

 

母に選択したプランと端末

  • プラン:mineo Dプラン デュアルタイプ 3GB
  • セット端末:AQUOS sense2

 

母は長時間スマホにかじりつくことは考えにくいので、通信容量はとりあえず3GBで様子見。

もしオーバーするようならプラン変更もできますからね。

 

あと、端末はiPhoneは高いので、Androidでお手頃価格の「AQUOS sense2」を選ぶことに。

スペックは高いと言えませんが、超初心者にはこれくらいで十分だと思います。

 

実際の契約の流れ(アクシデントもありました…)

mineoの申し込み手続きの流れは以下の通りです。

 

申し込みの大まかな流れ

  • mineo公式ページで申し込み画面を開く
  • プラン、SIMカードの種類、オプションなどを選択
  • 住所氏名などの個人情報を入力
  • 本人確認書類のアップロード
  • 申し込みの実行

 

手続きは順調に進んでいたのですが、本人確認書類のアップロードのところでアクシデント発生。

 

母は運転免許証を持っていないので、「健康保険証」+「公共料金の領収証」という2種類の書類が必要。

 

しかし、公共料金の領収書の住所に都道府県が書かれていないため、別の領収書を用意して再度アップロードを行いました。

私はいつも運転免許証で契約するのでわかりませんでしたが、mineoの審査はかなりしっかりしているようです。

 

これで手続きは完了。

翌日の2020年1月1日、出荷連絡のメールが来ました。

 

12月31日申し込み→1月2日の14時頃に格安スマホが到着

格安スマホが到着

 

年末年始なので交通事情が不安だったのですが、申し込んだ格安スマホは順調に1月2日の14時頃に到着しました。

 

シニアの格安スマホが1月2日に到着

 

 

mineoの端末セット

 

 

SIMカードはセット済み&APNも設定済みで至れり尽くせり

AQUOS sense2

上の写真が到着したAQUOS sense2です。

 

mineoの場合、今回のようにセットで端末を申し込むと、mineo側でSIMカードを端末にセットした状態で発送してくれます。

 

しかも、APN(モバイルネットワークの接続設定)も設定済みなので、母のようにMNPではない新規回線の場合はそのまますぐに使えます。

 

しぶちん
MNPの人の場合は、回線切り替えの手続きが必要になります

公式mineo公式サイト

 

シニアにスマホの使い方を教えるのは大変

シニアにスマホの使い方を教えるのは大変

スマホが無事に到着してほっとしたのですが、実はここからが大変でした。

 

まったくスマホの知識がない母は、何もかもが初めて。

 

「スマホとは何ぞや」からはじめて、電話の掛け方、メールの使い方、LINEの使い方などなど、日が暮れるまで教えるハメに…。

 

もちろん「アカウント」などはまったくわかるはずもないので、GoogleアカウントやLINEアカウントの作成は私が代行しました。

 

ちなみに母のために、事前にこちらの本を購入していたのですが、これは大いに役に立ちました。

シニア向けの格安スマホの参考書

 

シニア向けに特化して書かれているので、字も大きく、超丁寧にスマホの使い方が解説してあります。

いちばんやさしい 60代からのAndroidスマホ [ 増田 由紀 ]
created by Rinker

 

この本を参考にしつつ基本はしっかり教え、翌日の1月3日に私は東京へ戻りました。

 

最終的には、自撮りした写真をLINEで私に送ってくるくらいまでは使えるようになりました(笑)

 

シニアの初心者にスマホを教えるのは想像以上に大変です。

今回教えていて気付いたのは以下のポイントです。

 

シニアに教えるときにありがちなこと

  • 何度教えてもなかなか覚えてくれない
  • 同じ質問を何度もされる
  • 画面タッチするときにギューッと押してしまう
  • 指先だけ見て、画面全体を見てない
  • こちらがイライラすると、むこうもイライラする
しぶちん
もしシニアの方に使い方を教える場合は、上記を意識してみてください

 

まとめ:年末年始はシニアにスマホを持たせるのに狙い目

いかがでしたか?

今回は、筆者の母の実例をもとに、シニアの格安スマホの申し込みについて解説しました。

 

遠方に住んでいる両親や祖父母などのシニアの方にスマホを持たせたい方は、年末年始は狙い目かもしれません。

 

ただし、年末年始は交通事情の影響が出る可能性もあるので、そのへんは注意が必要です。

 

最後に、今回の内容をまとめておきます。

 

遠方のシニアの格安スマホ申し込みについて

  • 年末年始など帰省した際の数日間で申し込むのがおすすめ
  • mineoなど年末年始でも通常営業しているMVNOがある
  • 交通事情に問題がなければ、2日~3日(mineoの場合)でSIMカードと端末が到着
  • 端末とセットで買った場合は、SIMカードはセット済みで、APNも設定済み
  • シニアにスマホの教え方を教えるのは本当に大変
  • 事前にシニア向けのスマホ解説本を用意しとくとよい
  • 何度同じことを聞かれてもイライラしないように(笑)

 

しぶちん
最後までお読みいただきありがとうございました。ブログの更新情報はTwitter(@kenja_net )でつぶやいています。よろしければフォローをお願いします

おすすめの格安SIMベスト3

企業の信頼性、料金体系、サービス内容など、管理人が自信を持っておすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
  • 関西電力の関連会社であるケイ・オプティコムが運営
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 「フリータンク」「マイネ王」などの個性的なサービスが充実

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
  • ドコモとauのマルチキャリア対応
  • ファミリー向けのプランが強い
  • 2年以上の継続利用でオプション無料などの特典がある

OCN モバイル ONE

  • 安心のNTTグループ企業が運営
  • 音楽系アプリの通信量が使い放題の「MUSICカウントフリー」が無料
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • この記事を書いた人

しぶちん

出版業界歴19年のITライター&編集者。スマホ代を約70%節約できる「格安SIM」を完全自腹でレビューしています。 各種お問い合わせ、お仕事依頼などは、こちらからどうぞ!

-格安SIM選び

Copyright© ドケチの格安SIM , 2020 All Rights Reserved.