スマホ料金を約70%安くする方法

ドケチの格安SIM

格安SIM選び

支払い方法に口座振替が選べる格安SIMまとめ クレジットカード不要で契約OK!

口座振替ができる格安SIMまとめ格安SIMに関心のある人にとっては、料金の支払い方法も気になりますよね。

 

現在、大半の格安SIMでは、クレジットカードでの支払い方法が主流です。

 

でも、クレジットカードを持っていない、あるいはクレジットカードは使いたくないという人もいると思います。

 

中には、

「支払い方法に口座振替が選べる格安SIMってないの?」

という疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、この記事では支払い方法に口座振替を選べる格安SIMの情報をまとめました。

 

クレジットカードを持っていないけど、ぜひ格安SIMを使いたいという人はぜひ参考にしてくださいね。

 

この記事でわかること

  • 口座振替ができる格安SIM
  • 口座振替の利用上の注意点
  • 今後の口座振替の動向
しぶちん
ぜひ最後までお読みください!

 

支払い方法に口座振替が選べる格安SIMがある

口座振替できる格安SIMがある

冒頭でも申し上げたように、格安SIMで使える支払い方法は、大半がクレジットカードのみ。

 

しかし、以下のようにいくつかのMVNO(格安SIM事業者)では、口座振替にも対応しています。

 

ただし、MVNOによっては条件付きでしか口座振替を認めていないところもあるので注意が必要です。

 

標準で口座振替に対応する格安SIM

 

以下のMVNOでは、条件付きで口座振替を利用できます。

 

条件付きで口座振替が使える格安SIM

  • mineo(※eo光の契約者ですでに口座振替を利用している場合)
  • BIGLOBEモバイル(※SMS付きを含むデータSIMのみ)

 

しぶちん
クレジットカードを持っていない人にピッタリです

 

口座振替には利用上の注意点がある

口座振替の注意点

クレジットカード不要で格安SIMを利用できる口座振替ですが、MVNOによって以下のような注意点があります。

 

口座振替に関する注意点の例

  • 手数料が取られる場合がある
  • 申し込み窓口などが限定される場合がある
  • 契約数に上限がある場合がある
  • ポイント払いなどが使えない場合がある

 

しぶちん
各MVNOごとの詳しい注意点は後ほど解説します!

 

標準で支払い方法に口座振替が使える格安SIMは4社

口座振替できる格安SIMの一覧

それでは、ここからは口座振替に標準で対応している格安SIMをご紹介します。

 

口座振替に関する注意点、MVNOごとのサービス概要なども詳しくご紹介します。

 

OCNモバイルONE|リニューアルされ業界最安クラスに!

おすすめ格安SIMのOCNモバイルONE

NTTグループの格安SIMであるOCNモバイルONEも口座振替に対応しています。

 

2019年11月から料金体系がリニューアルされ、さらに金額がお得になりました。

 

追加料金無料でAmazon Musicなど音楽関連アプリがカウントフリーになる「MUSICカウントフリー」は、音楽好きに大好評。

 

また、全国8万ヶ所以上のWi-Fiスポットが無料で利用できるのも大きなメリットです。

 

口座振替の注意点は?

  • SIMパッケージなどは購入せずに、カスタマーズフロントフリーダイヤル(0120-506506)に連絡して口座振替を申し込む
  • 申込用紙に記入、返送しての受付になるので、SIMカード送付から開通までに時間がかかる

 

OCNモバイルONEのサービス概要

対応回線 ドコモ
データSIMの料金 月額880円~
(3GB~)
音声通話SIMの料金 月額1180円~
(1GB~)
データ繰り越し
バースト機能
速度切り替え
追加チャージ
即日開通対応 ○(Web/店頭)
かけ放題オプション
支払方法 クレジットカード(クレジットカードが無い場合のみ、カスタマーズフロント経由で口座振替の依頼が可能

おすすめのポイント

  • 安心のNTTグループ
  • 料金体系がリニューアルされ業界最安水準に
  • 音楽系アプリのデータ量がカウントされない「MUSICカウントフリー」が無料
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • 複数のSIMで通信容量を分け合える「容量シェア」もあり

しぶちん
「MUSICカウントフリー」は、Amazon MusicやAWA、LINE MUSIC、Spotifyなど9種類の音楽サービスの通信量がカウントされないので超お得です

 

楽天モバイル|楽天スーパーポイントが支払いに使える

格安SIMのおすすめの楽天モバイル

「楽天市場」でおなじみの楽天グループが運営する楽天モバイルも口座振替に対応。

 

通話かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」は、高速通信を使い切った後でも1Mbpsで通信できます。

 

楽天モバイルの特長として、支払いに楽天スーパーポイントを使えることがあるのですが、

口座振替の場合は楽天スーパーポイントを支払いに充てることはできません。

 

口座振替の注意点は?

  • 手数料が毎月100円(税別)かかる
  • 口座振替の場合、楽天スーパーポイントによる支払いの対象外
  • 口座振替を選択する場合、契約できるのは最大2契約まで(クレカは最大5契約)
  • 端末/アクセサリー費用の口座振替で支払いはできない

 

楽天モバイルのサービス概要

対応回線 ドコモ/au(SMSなしのデータSIMはドコモのみ)
データSIMの料金 月額525円~
(ベーシックプラン~)
音声通話SIMの料金 月額1250円~
(ベーシックプラン~)
データ繰り越し
バースト機能
速度切り替え
追加チャージ
即日開通対応 ○(Web/店頭)
かけ放題オプション
支払方法 クレジットカード/デビットカード/口座振替(手数料100円/月)/楽天スーパーポイント支払い

おすすめのポイント

  • 楽天スーパーポイントが支払いに利用できる
  • 通話かけ放題がセットになった「スーパーホーダイ」もあり
  • 楽天カードなどと連携したキャンペーンが充実
  • 支払方法はデビットカードや口座振替にも対応
  • 直営ショップも展開

しぶちん
楽天市場や楽天カードのユーザーはポイントを活用できるので、かなりお得です

\楽天スーパーポイントでお得に/

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

UQモバイル|速度ならお任せ!auのサブブランド

おすすめのUQモバイル

auのサブブランドとして有名なUQモバイルも口座振替に対応しています。

 

UQモバイルの最大の特長は、自社回線を使っているの通信速度が高速で安定していること。

 

一般の格安SIMより月額料金が300円程度高いですが、速度を優先したい方におすすめです。

 

口座振替の注意点は?

  • MNP以外の新規契約の場合、口座振替を選ぶ場合は取扱店窓口からの申し込みに限定
  • 家族名義の口座からの振替も可能。
    ただし、この場合の手続きはUQ mobile取扱店の店頭のみで、なおかつ契約者と支払者の「家族である証明書」が必要になる

 

UQモバイルのサービス概要

対応回線 au
データSIMの料金 月額980円~
音声通話SIMの料金 月額1980円~
データ繰り越し
バースト機能 ×
速度切り替え
追加チャージ
即日開通対応 ○(Web/店頭)
かけ放題オプション
支払方法 クレジットカード/口座振替

おすすめのポイント

  • auのサブブランドで信頼性が高い
  • 自社回線なので通信速度が高速で安定
  • サブブランドでもデータ繰り越しや速度切り替えに対応
  • 支払方法に口座振替も使える
  • 取扱店が日本全国に2700店舗以上もある

しぶちん
auのサブブランドなので通信回線の安定さはピカイチ

\自社回線で速さには定評!/

UQモバイル公式サイトはこちら

 

ワイモバイル|速さに加えてLINEの年齢認証もOK

おすすめのワイモバイル

ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルも口座振替に標準で対応

 

こちらも自社回線を使うので、通信速度は高速で安定しています。

 

一般的な格安SIMの水準よりも料金は少し高めですが、料金には1回10分以内のかけ放題が含まれているためお得感があります。

 

口座振替の注意点は?

  • 口座振替での申し込みは、ワイモバイルショップや取扱店での手続きに限定

 

ワイモバイルのサービス概要

対応回線 ソフトバンク
データSIMの料金 月額1980円~
(データベーシックプランS~)
音声通話SIMの料金 月額2680円~
(スマホベーシックプランS~)
データ繰り越し ×
バースト機能 ×
速度切り替え ×
追加チャージ
即日開通対応 ○(Web/店頭)
かけ放題オプション 標準で付属
支払方法 クレジットカード/口座振替

おすすめのポイント

  • ソフトバンクのサブブランドで信頼性が高い
  • 自社回線なので通信速度が高速で安定
  • LINEの年齢認証に対応
  • 支払方法に口座振替も使える
  • 取扱店が日本全国に4000店舗以上もある

しぶちん
直営ショップが多いので、いざというときのサポートも安心ですね

\店舗網充実でサポートも心強い/

ワイモバイル公式サイトはこちら

 

条件付きで口座振替が使える格安SIMは2社

条件付きで口座振替

標準では対応していないものの、条件付きで口座振替を利用できる格安SIMは、以下の2社があります。

 

mineo|音声通話SIMでも最低利用期間がなく手軽に使える

オススメmineo

ケイ・オプティコムが運営するmineoは、条件付きながら口座振替の支払いに対応しています。

 

口座振替を使える条件と注意点

  • 関連会社が運営する光回線サービス「eoネット光」の利用者で、料金支払いで口座振替を利用している場合

 

mineoの特長は、ドコモ、au、ソフトバンクのすべての回線に対応し、各キャリアからの乗り換えもスムーズなこと。

 

また、「フリータンク」「パケットシェア」「マイネ王」などの個性的なサービスにも注目です。

 

mineoのサービス概要

対応回線 ドコモ/au/ソフトバンク
データSIMの料金 月額700円~
(500MB~)
音声通話SIMの料金 月額1310円~
(500MB~)
データ繰り越し
バースト機能
速度切り替え
追加チャージ
即日開通対応 ○(Web/店頭)
かけ放題オプション
支払方法 クレジットカード(「eoネット光」のユーザーは預金口座振替も選べる)

おすすめのポイント

  • 3大キャリアすべての通信回線に対応
  • 音声通話SIMでも最低利用期間・違約金は無し
  • iPhoneの販売も取り扱っている
  • 混雑時の通信制限で料金が安い「エココース」もあり
  • 手軽な200MBのお試しプランが用意されている
  • 「フリータンク」などの独自のサービスが充実

しぶちん
「フリータンク」は、ユーザー同士で余ったデータのやり取りができる画期的なサービスです

\フリータンクなどユニークなサービスが充実! /

mineo公式サイトはこちら

 

BIGLOBEモバイル|追加料金で動画・音楽アプリがカウントフリー

おすすめの格安SIMのBIGLOBEモバイル

大手プロバイダーでおなじみのBIGLOBEグループが運営するBIGLOBEモバイルも条件付きで口座振替に対応しています。

 

口座振替を使える条件と注意点

  • 口座振替が使えるのは、データ通信専用SIM、もしくはSMS付きデータSIMのみ
  • 手続きには、支払方法登録申込書の申し込みと返送が必要。
    最短2,3日~1週間程度で申し込み書が届き、返送して支払い方法登録完了後にSIMが発送される

 

月額480円(データ専用SIMは980円)でYouTube、Apple Musicなどの動画・音楽アプリが10種類もカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」を提供。

 

また、家族会員として最大4名(4ユーザID)まで追加でき、2回線目以降の月額料金は200円割引されます。

 

BIGLOBEモバイルのサービス概要

対応回線 ドコモ/au(SMSなしのデータSIMはドコモのみ)
データSIMの料金 月額900円~
(3GB~)
音声通話SIMの料金 月額1400円~
(1GB~)
データ繰り越し
バースト機能 ×
速度切り替え ×
追加チャージ
即日開通対応 ○(Web/店頭)
かけ放題オプション
支払方法 クレジットカード(SMS付きを含むデータ通信SIMは口座振替も可能)

おすすめのポイント

  • 信頼のBIGLOBEグループ
  • 追加料金で10種類の動画・音楽アプリがカウントフリーになる「エンタメフリー・オプション」
  • 利用に応じて「Gポイント」が貯められる
  • 複数枚のSIMでデータ容量をシェアできる「シェアSIM」
  • 家族会員として申し込むと2回線目以降は月額200円割引

しぶちん
「エンタメフリー・オプションは」、3GB以上のプランが対象でデータSIMの場合は月980円、音声SIMの場合は月480円で利用できます

\エンタメフリー・オプションに注目/

BIGLOBEモバイル公式サイトはこちら

 

口座振替は将来的には縮小されて電子マネー優位に?

格安SIMも電子マネーへ

数は少ないものの口座振替が利用できる格安SIMはあるのですが、将来的には心配なところもあります。

 

というのも、口座振替を利用するユーザーは圧倒的に少数。

 

少ないユーザーに対して、処理の手間ひまがかかる口座振替の手続きは、MVNOとしては縮小したいと考えるのが当然だからです。

 

それよりはるかにニーズが高まっているのは電子マネーだと思います。

 

今後、格安SIMではPayPayなどをはじめとする各種電子マネーへの対応が進んでいくと予想しています。

 

格安SIMにMNPで乗り換える方法

キャリアから格安SIMへの乗り換えガイド

MNP(ナンバーポータビリティ)で大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える場合は、以下の手順で行います。

しぶちん
電話番号を変えずに乗り換えられるので安心です

 

step
1
利用する端末を決める

まず必要になるのが、格安SIMを利用する端末を決めることです。

 

格安SIMで利用する端末は、以下の3つのいずれかの方法で入手します。

 

格安SIMで使う端末を入手する方法

  1. MVNOで販売されている端末をSIMとセットで購入
  2. 家電量販店などでSIMフリー端末や中古端末を購入
  3. 現在利用している端末をそのまま利用
しぶちん
②③の場合は、次のステップで事前に端末が格安SIMに対応するか調べましょう

 

step
2
端末が格安SIMで使えるか確認する

step1で②③の方法で端末を入手する場合は、事前に端末が乗り換え先の格安SIMで対応しているか、MVNOの公式サイトで調べましょう。

 

主要なMVNOでは、自社の格安SIMで動作する機種の情報を公開しています。

 

たとえばmineoなら、「動作確認済み端末検索」のページで動作機種を調べることができます。

 

MVNOの公式サイトでは動作確認端末を調べられる

端末が格安SIMで対応しているか調べる

 

もし現在手持ちの端末が格安SIMで対応していない場合は、MVNOのセット端末、もしくは対応する機種のSIMフリー端末かキャリアの中古端末を購入しましょう。

 

step
3
必要があればSIMロックを解除する

動作確認端末を調べて、SIMロック解除が必要だと記載されている場合は、その端末のキャリアに申請してSIMロックを解除しましょう。

 

SIMロック解除のポイント

  • SIMロック解除できるのは、解除に対応した機種に限定される
  • 「購入日から100日以上経過していること」などの条件がある
  • 手続きはネットもしくはショップ窓口から行える
  • SIMロック解除手数料はネット手続きの場合は無料だが、ショップ窓口の場合は3000円(税別)かかる
  • 中古ショップで購入したキャリア端末もSIMロック解除が可能

 

各キャリアのSIMロック解除の手続きは、以下のリンクから行えます。

各キャリアの手続き窓口

 

step
4
MNP予約番号を取得する

MNPで乗り換える場合は、現在のキャリアで「MNP予約番号」を取得します。

 

MNP予約番号は以下の窓口で取得できます。

電話でも公式サイトでも手続きできます。

 

キャリアのMNP予約番号窓口

ドコモ
携帯電話から:151(受付時間:9時~20時)
一般電話から:0120-800-000(受付時間:9時~20時)
My docomo:トップ → 契約内容・手続き → ドコモオンライン手続き(受付時間:24時間対応)
au
携帯電話・一般電話から:0077-75470(PHS不可)(受付時間:9時~20時)
EZWeb:トップ → My au → 申し込む/変更する(受付時間:9時~21時30分)
ソフトバンク
携帯電話から:*5533(受付時間:9時~20時)
一般電話から:0800-100-5533(受付時間:9時~20時)
Yahoo!ケータイ:トップ → My SoftBank → 各種変更手続き(受付時間:9時~21時30分)

 

予約番号の有効期限に注意

MNP予約番号の期限は発行日を含めて15日間と定められています。

また、乗り換え先の格安SIM事業者(MVNO)により、手続きに必要な有効期限までの残り日数が指定されている場合があります(mineoの例:10日)。

そのため、MNP予約番号を取得したら、期限がオーバーしないようにすぐに契約手続きを行うようにしましょう。

なお、有効期限が切れた場合は番号が自動的に無効になりますが再取得が可能です

 

step
5
格安SIMを申し込む

格安SIMをネットもしくは取り扱い店舗の窓口から申し込みます。

格安SIMの申し込み方法はネットか窓口で

 

格安SIMの申し込み

ネットの場合は、画面案内に従ってプランやSIMカードサイズの選択、氏名・住所の入力、本人確認書類のアップロードをしていくだけでOK。

 

取得したMNP予約番号もここで入力します。

 

だいたい10分~15分程度で申し込みが完了します。

 

SIMカードサイズを確認

SIMカードは端末の機種によって利用できる大きさ(サイズ)が決まっており、以下のように標準SIM、MicroSIM、nanoSIMの3種類があります。

SIMカードのサイズ

しぶちん
最近の機種ではnanoSIMが主流です

申し込み時に間違ったサイズを選んでしまうと、せっかくSIMカードを受け取っても利用できませんので、必ず事前に確認して正しいサイズを選びましょう。

SIMカードサイズの確認は、現在のキャリアか端末メーカーのホームページなどで確認できます。

SIMカードサイズ

 

step
6
SIMカードが到着

ネットからの申し込みの場合、MVNOにもよりますが、おおむね申し込みから2日~4日程度で自宅に届きます。

格安SIMが自宅に到着

なお、店頭窓口から申し込んだ場合、即日開通に対応したMVNOなら、即日でSIMカードを受け取れます。

 

step
7
回線の開通手続きとAPN設定を行う

SIMカードを受け取ったら、まずは同封されているマニュアルに従ってMNP転入切り替え(開通手続き)を行います。

格安SIMの開通手続き

しぶちん
手続きはネットもしくは電話から簡単に行なえます。

 

続いて、モバイルデータ通信が使えるようにするために、「APN」と呼ばれるネットワーク設定を行います。

 

こちらもマニュアルに設定方法が記載されていますので、初心者でも簡単に設定できます。

格安SIMのAPN設定

 

しぶちん
格安SIMへの乗り換えはこれで完了です!

 

なお、より詳しい申し込みの流れは、筆者が実際に乗り換えた体験を解説した以下の記事が参考になります。

MNPで格安SIMに乗り換える方法
【契約してみた】MNPでキャリアから格安SIMに乗り換える方法

続きを見る

 

お得に申し込むならキャンペーン情報をチェック

格安SIMのキャンペーンをチェック

格安SIMを申し込む場合は、キャンペーンを利用して申し込むと初期費用や月額料金などがお得になります。

 

しぶちん
キャンペーンは期間限定なので、見逃さずにチェックしましょう

 

当ブログでは随時キャンペーン情報を更新していますので、ぜひご覧ください。

2020年の最新キャンペーン情報まとめ
【2020年毎月更新】主要20社の格安SIMキャンペーンをまとめて比較

続きを見る

 

まとめ

今回は、支払い方法に口座振替が選べる格安SIMについて解説しました。

 

格安SIMの支払いにはクレジットカードしか使えないと思っている人が多いと思いますが、実は今回ご紹介したように口座振替も使える格安SIMもあるんです。

 

最後に念のため、口座振替が使える格安SIMをもう一度まとめておきます。

 

口座振替が使える格安SIM

 

しぶちん
最後までお読みいただきありがとうございました。ブログの更新情報はTwitter(@kenja_net )でつぶやいています。よろしければフォローをお願いします

 

おすすめの格安SIMベスト3

企業の信頼性、料金体系、サービス内容など、管理人が自信を持っておすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
  • 関西電力の関連会社であるケイ・オプティコムが運営
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 「フリータンク」「マイネ王」などの個性的なサービスが充実

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
  • ドコモとauのマルチキャリア対応
  • ファミリー向けのプランが強い
  • 2年以上の継続利用でオプション無料などの特典がある

OCN モバイル ONE

  • 安心のNTTグループ企業が運営
  • 音楽系アプリの通信量が使い放題の「MUSICカウントフリー」が無料
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • この記事を書いた人

しぶちん

出版業界歴19年のITライター&編集者。スマホ代を約70%節約できる「格安SIM」を完全自腹でレビューしています。 各種お問い合わせ、お仕事依頼などは、こちらからどうぞ!

-格安SIM選び

Copyright© ドケチの格安SIM , 2020 All Rights Reserved.