スマホ料金を約70%安くする方法

ドケチの格安SIM

LINEモバイル

【実際にやってみた】LINEモバイルの解約方法【違約金は?】

LINEモバイルの解約手順

LINEモバイルを使っていたけど、いまいち満足できなかったり、他社への乗り換えなどで解約したい場合もありますよね。

 

でも、いざ解約しようとしてみると、

  • どうやって解約すればいいの?
  • 違約金はかかるの?
  • MNP転出の場合は?

などわからない人も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は筆者・しぶちんが実際にLINEモバイルの解約方法を試してみました。

 

この記事を読めば、

  • 違約金の有無
  • 解約時の日割り計算について
  • 解約する場合の注意点
  • 実際の解約手順
  • MNP転出の場合の手続き方法

などがわかります。ぜひ参考にしてください。

※表記金額は特に記載のない場合、すべて税抜表示です。

 

LINEモバイルのレビュー総まとめ
【格安SIM】LINEモバイルの使用レビューまとめ集

続きを見る

 

LINEモバイル解約のポイントを最初にお教えします!

長い解説を読むのが面倒な人のために、LINEモバイルの解約のポイントを最初にお教えしちゃいます。

しぶちん
詳しく知りたい人は、ぜひ最後まで記事をお読みくださいね

 

LINEモバイルの解約のポイント

  • データ通信SIMの解約は違約金はかからない
  • 音声通話SIMを最低利用期間内に解約した場合は、契約時期によって1000円もしくは9800円の違約金がかかる
  • MNP転出する場合は、別途手数料が3000円かかる
  • 解約月の月額料金は日割りにならず、まるまる1ヶ月分が必要
  • 利用開始月に解約する場合は割引対象外となり、まるまる1か月分の月額料金が必要
  • 解約手続きはネットから行う
  • 手続き完了後も、実際の解約日(手続きした月の末日)までは利用できる
  • 付随するオプションは自動解約される
  • 解約後にSIMカードの返却が必要

 

LINEモバイルを解約する場合の違約金は?

解約する場合に気になるのは、やっぱり違約金の有無ですよね。

LINEモバイルの場合、違約金は「解約手数料」という名称で呼ばれています。

 

LINEモバイルの解約手数料は、以下のルールで設定されています。

音声通話SIMのみ、最低利用期間以内に解約すると解約手数料がかかるしくみですね。

 

また、2019年10月から改正電気通信事業法が施行されました。

これにより、LINEモバイルを申し込んだ時期や利用開始日によって、解約手数料の金額が異なります。

 

  • 音声通話SIM

・2019/4/30以前に申し込んだ人
利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までに解約した場合に、9800円の解約手数料がかかる。

・2019/5/1以降に申し込み~2019/9/30までに利用開始日を迎えた人
利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までに解約した場合に、9800円の解約手数料がかかる。

・2019/10/1以降に利用開始日を迎えた人
利用開始日を含む月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日までに解約した場合に、1000円の解約手数料がかかる。

  • データ通信SIM
    解約手数料は一切不要

 

しぶちん
12ヶ月目経過後に解約する場合は、音声通話SIMでも契約解除料はかかりません

 

解約手続きと実際の解約日のタイミングは?

格安SIMの解約は、MVNOによって手続き日と実際の解約日の扱いが異なります。

LINEモバイルの場合は、以下のルールになっています。

 

  • 解約手続きは、毎月末日までが当月分の受付となる
  • 月の途中で解約手続きを行っても、解約日はその月の末日となる
  • 月末日に解約手続きを行った場合は、解約日が翌月末になる場合がある

 

解約手続きを早めにしても契約自体は月末日まで継続しているので、それまではSIMカードも普通に使えます。

しぶちん
その月の1日に解約手続きをしたとしても、実際の解約日は月末日になるということですね

 

他社へMNP転出する場合は別途転出手数料が必要

上記の違約金に加えて、LINEモバイルから他社へMNP転出する場合は、

MNP転出手数料として3000円別途かかります。

 

解約する場合、月額料金は日割りにならない

解約する場合にもうひとつ気になるのが、解約月の月額料金が日割りになるかどうかという問題。

 

LINEモバイルの場合、解約日にかかわらず解約月の月額料金は日割りにはなりません。

 

1ヶ月分の月額料金を必ず支払う必要があるので注意しましょう。

ただし、解約手続き完了後も、その月の末日まではSIMを利用できます

 

LINEモバイルを解約する際の注意点

LINEモバイルを解約する場合は、違約金以外に、以下の注意点もあります。

事前に理解しておきましょう。

 

  • 契約に付随するオプションサービスは同時に自動解約となる
  • サービス開始月に解約手続きをした場合、1か月分の月額料金がかかる
しぶちん
サービス開始月の月額料金は、本来は割引金額が適用されますが、開始月に解約した場合は割引から除外されるため、丸まる1か月分の月額料金がかかります

 

LINEモバイルの解約手順

筆者が実際にLINEモバイルを解約したときの手順を画面付きでご紹介します。

 

なお、手続きにはLINEアプリ経由ではなく、通常のブラウザアプリ(iPhoneはSafari、Androidはchrome)でマイページにログインして行います。

 

しぶちん
LINE内のアプリブラウザーでは、正常に動作しない可能性があります。ですので、上記の通り、Safariやchromeでアクセスしてください

 

LINEモバイルのマイページから解約画面へ進む

  • ブラウザーアプリを起動し、LINEモバイル公式サイトから「マイページ」にログイン。
  • メニュー一覧から、「MNP転出・解約」をタップします。

 

 

LINEモバイルの解約の注意点を確認

  • マイページのトップ画面が表示されるので、「サポート」をタップする。

MNP転出する場合

MNP転出する場合は、この画面に「MNP転出」メニューが表示されるので、タップして手続きを進めてください。

 

 

LINEモバイルの解約理由

  • 次に表示された画面で、解約理由や使用用途などを選択します。

 

 

解約内容の確認画面へ進む

  • 画面の最下部に来たら、「確認する」をタップします。

 

 

解約の申し込み内容を確認

  • 先ほど選択した解約理由や使用用途の確認画面が表示されますので、ひと通り確認しながら画面を下へスクロール。

 

 

LINEモバイルの解約申し込みを実行

  • このページでは注意事項も表示されるので、確認して問題なければ画面最下部にある「申し込む」をタップします。

 

 

解約の最終確認

  • 最後にもう一度確認画面が表示されるので、「申し込む」をタップしましょう。

 

 

LINEモバイルの解約申し込みの完了

  • 解約申し込み完了」と表示されれば、解約の申し込み受付は終了です。

 

 

手続き受付の確認メール

  • 数分後には、このような手続き受付のお知らせメールが届きます。

 

しぶちん
すでに解説したように、手続きの受付後も末日までは引き続きSIMを利用できます。

 

LINEモバイルの解約完了のメール

  • その月の末日をもって解約となり、翌月の1日には、このような解約完了のお知らせメールが届きます。

 

しぶちん
これで解約は完了。SIMカードは忘れずに返却しましょう

 

解約後はSIMカードの返却が必要

LINEモバイルの場合、回線の種類にかかわらず解約後はSIMカードの返却が必要です。

封筒に入れて、以下の送付先に郵送しましょう。

 

しぶちん
郵送費はユーザー負担となりますが、これはルールですのできちんと守ってくださいね

 

<SIMカード返却先住所>

〒210-0869
神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンター
LINEモバイル株式会社 返却窓口

 

LINEモバイルの解約方法のまとめ

いかがでしたか?

これで解約の疑問や不安を解消できたと思います。

 

最後にLINEモバイルの解約に関するポイントを、もう一度まとめます。

 

LINEモバイルの解約のポイント

  • データ通信SIMの解約は違約金はかからない
  • 音声通話SIMを最低利用期間内に解約した場合は、契約時期によって1000円もしくは9800円の違約金がかかる
  • MNP転出する場合は、別途手数料が3000円かかる
  • 解約月の月額料金は日割りにならず、まるまる1ヶ月分が必要
  • 利用開始月に解約する場合は割引対象外となり、まるまる1か月分の月額料金が必要
  • 解約手続きはネットから行う
  • 手続き完了後も、実際の解約日(手続きした月の末日)までは利用できる
  • 付随するオプションは自動解約される
  • 解約後にSIMカードの返却が必要

 

LINEモバイルのレビュー総まとめ
【格安SIM】LINEモバイルの使用レビューまとめ集

続きを見る

 

乗り換え先のMVNOでおすすめはこちら!

LINEモバイルの解約後、他のMVNOの利用を検討してい人も多いでしょう。

そこで、解約理由ごとにおすすめの格安SIMをご紹介します。

 

速度が不満→高速にこだわるなら「UQモバイル」か「ワイモバイル」

LINEモバイルの速度に不満だった方は、自社回線で高速で利用できる「UQモバイル」や「ワイモバイル」がおすすめです。

 

ただし、LINEモバイルとは違ってドコモ回線には非対応なので、手持ちの端末がそのまま利用できるか必ず事前に確認しておきましょう。

公式UQモバイル

 

公式ワイモバイル

 

音楽系が充実したカウントフリーを使いたい→「OCNモバイルONE」

LINEモバイルでは、全プランでLINEアプリがカウントフリーになるのが特長でした。

 

上位プランではさらにTwitterやInstagram、LINE MUSICなどもカウントフリーになりましたが、他の音楽系アプリもカウントフリーで利用したいという人もいるでしょう。

 

そんな人には「OCNモバイルONE」がイチオシです。

なんと追加料金不要で、以下の音楽サービスの通信量がカウントフリーで利用できます。

 

  • Amazon Music
  • Spotify
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • dヒッツ
  • Google Play Music
  • ANiUTa
  • RecMusic
  • ひかりTVミュージック

公式OCNモバイルONE

 

もっとユニークなサービスが欲しい→「mineo(マイネオ)」

LINEモバイルも十分ユニークでしたが、もっとユニークなMVNOが好みの人もいるでしょう。

そんな人にはずばり「mineo(マイネオ)」がおすすめです。

 

コミュニティサイトの「マイネ王」、余ったパケットの寄付や引き出しができる「フリータンク」など、ユニークなサービスが充実しています。

 

mineo(マイネオ)

公式mineo

 

BIGLOBEモバイルの使用レビューまとめ
【格安SIM】BIGLOBEモバイルの使用レビューまとめ集

続きを見る

 

当ブログのランキングやキャンペーンもチェックを

もっと他のMVNOも知りたいという人は、当ブログでご紹介している格安SIMおすすめランキングや、お得なキャンペーンをぜひチェックしてください。

 

2020年おすすめの格安SIMの最新ランキング
【2020年版】格安SIMおすすめランキング決定版

続きを見る

2020年の最新キャンペーン情報まとめ
【2020年毎月更新】主要20社の格安SIMキャンペーンをまとめて比較

続きを見る

 

しぶちん
最後までお読みいただきありがとうございました。ブログの更新情報はTwitter(@kenja_net )でつぶやいています。よろしければフォローをお願いします

おすすめの格安SIMベスト3

企業の信頼性、料金体系、サービス内容など、管理人が自信を持っておすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
  • 関西電力の関連会社であるケイ・オプティコムが運営
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 「フリータンク」「マイネ王」などの個性的なサービスが充実

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
  • ドコモとauのマルチキャリア対応
  • ファミリー向けのプランが強い
  • 2年以上の継続利用でオプション無料などの特典がある

OCN モバイル ONE

  • 安心のNTTグループ企業が運営
  • 音楽系アプリの通信量が使い放題の「MUSICカウントフリー」が無料
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • この記事を書いた人

しぶちん

出版業界歴19年のITライター&編集者。スマホ代を約70%節約できる「格安SIM」を完全自腹でレビューしています。 各種お問い合わせ、お仕事依頼などは、こちらからどうぞ!

-LINEモバイル

Copyright© ドケチの格安SIM , 2020 All Rights Reserved.