スマホ料金を約70%安くする方法

ドケチの格安SIM

mineo(マイネオ)

【実際に利用】世界一詳しいmineoのフリータンクの使い方

世界一詳しいmineoのフリータンクの使い方

格安SIMの中でも人気の高い「mineo(マイネオ)」で注目を浴びているのが「フリータンク」というサービスです。

 

mineoへ乗り換えを検討している皆さんは、フリータンクの実際の使い心地が気になるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は筆者が実際にフリータンクを使ってみました。

 

この記事を読めば、フリータンクの使い方、メリットやデメリットがわかります。

ぜひ参考にしてください。

 

mineo公式サイト

 

しぶちん
この記事は好評だったため、ライブドアニュースの方でも同じテーマで執筆させていただきました! こちらもどうぞよろしくお願いいたします

ライブドアニュース通信容量をリサイクルできるmineoの「フリータンク」とは?

 

mineoの「フリータンク」ってどんなサービス?

mineoの「フリータンク」は、mineoユーザー全員の余剰パケット(データ通信の容量)を「タンク」に貯めておき、全ユーザー間でシェアしあえるサービスです。

 

mineoのフリータンクのイメージ

画像引用元:mineo

フリータンクでできることは、

  • 余ったパケット(データ容量)をフリータンクに寄付する
  • 足りないときに、フリータンクからパケット(データ容量)を分けてもらう

という2つの機能です。

 

その月で使い切れないほどパケットが余った場合や、もうすぐ繰り越し期限が切れそうなパケットがあったら、フリータンクに入れて全国のmineoユーザーを助けることができるというわけです。

 

逆に「パケットがちょっと足りない!」というときは、フリータンクから引き出して、自分の容量に充当することができます。

 

このように、ユーザー同士の助け合い精神で成り立っていて、他のMVNOにはないmineoならではのオンリーワンのサービスといえます。

 

フリータンクの使い方

フリータンクのしくみがわかったところで、さっそく筆者も使ってみました。

 

mineoのフリータンクを使うには、mineoユーザー向けコミュニティサイト「マイネ王」のメンバー登録と、eoIDの連携が必要です。

 

  • ①mineo公式サイトから「マイネ王」に進み、画面右上の「メンバー登録」から登録および連携を行いましょう。

登録と連携が完了したら、「ログイン」からマイネ王のアカウントでログインすればOKです。

 

mineoのフリータンクを使うにはマイネ王へログイン

 

  • ②ログイン後は、メニューの「フリータンク」をタップして進みます。

 

余ったパケットをフリータンクに入れる

mineoのフリータンクへパケットを入れる

  • ③フリータンクの画面が表示されたら、「入れる」をタップします。

 

自分のデータ残量の表示

  • 「入れる」画面が表示されます。
    画面上部では、自分の現在のデータ残容量と、フリータンクの残量が確認できます。

 

フリータンクへ入れる量を指定

  • ④そのまま画面を下へスクロールし、空欄にフリータンクに寄付したいパケット量を入力
  • ⑤任意でコメントを入力し、⑥「パケットを入れる」をタップします。

 

入れるデータ量の確認

  • ⑦確認画面が表示されるので、「OK」をタップします。なお、一度入れたパケットは元に戻せないので、実行前にきちんと確認するのが重要ですね。

 

フリータンクにパケットが入った

  • 「フリータンクにパケットが入りました」と表示されれば完了です。入れたパケット分が自分の容量から差し引かれます。

使い切れないパケットをムダにせず、こういうふうに有効利用できるのはいいですね。

 

フリータンクからパケットを引き出す

フリータンクからパケットを引き出す場合、無条件で引き出せるわけではありません。

 

一部のユーザーの使い過ぎでタンクが枯渇するのを防ぐため、以下のルールが設定されています。

 

フリータンクの引き出しルール

  • 引き出し可能期間は毎月21日~月末日の1日前まで
  • 累計OUT(引き出し)量が累計IN(入れる)量以上の方の場合、自分のデータ残容量が1000MB以下でないと引き出せない
  • 引き出せるのは月2回まで、 合計1000MB まで
  • 引き出したパケットは翌日中に残容量に反映される

けっこう厳格なルールという印象ですね。

 

パケット引き出し手順は以下の流れで簡単にできました。

フリータンクからパケットを引き出す

  • ①パケットを引き出す場合は、フリータンクのトップ画面の「引き出す」をタップします。

 

引き出しパケット量の指定

  • ②表示された画面を下にスクロールし、空欄に引き出したいパケット量を入力。
  • ③引き出しの場合はコメントの入力が必須となります。20~200文字以内で入力。
  • ④最後に「パケットを引き出す」をタップします。

 

パケット引き出しの確認

  • ⑤確認画面が表示されるので、「OK」をタップします。

 

フリータンクからの引き出しが完了

  • 「フリータンクからパケットを引き出しました」という画面が表示されれば完了。実際のパケットの反映は翌日になります。

 

パケットの出し入れ履歴は確認できる

フリータンクの利用履歴はマイネ王の「マイページ」から確認できます。

 

累計OUT量と累計IN量もここで確認できるようになっています。

 

枯渇の心配は?

フリータンクから引き出す人が多ければ枯渇の心配も出てきますが、すでに解説したように月2回、合計1000MBまでという条件が設定されています。

そのため、事実上は枯渇の心配は無いといえそうです。

 

使ってみて感じたメリット&デメリット

フリータンクのメリット

今回実際に使用してみた感じたフリータンクのメリットは以下のとおりです。

 

メリット

  • 容量不足のときに無料でパケットを分けてもらえる
  • パケットを入れれば、他のmineoユーザーに喜んでもらえる

 

データ通信量は気をつけて使っていても、どうしても足りなくなるときがあるものです。

 

そんなとき通常なら、低速通信で我慢するか、有料で追加チャージを購入するしかありません。

 

しかし、mineoならフリータンクがあるので、条件に見合ってさえいれば最大1000MBを無料で引き出して利用できます。これは本当に助かりますよね。

 

また、自分の余ったパケットをタンクに入れることで、他のユーザーを助けることもできます。

 

お互い助け合っているという連帯感が、mineoに対する好感度にもつながりそうですね。

 

フリータンクのデメリット

ほとんど不満はないのですが、強いてデメリットを挙げるなら以下になります。

 

デメリット

  • 引き出したパケットが反映されるのは翌日になる
  • 引き出し期間などの厳格なルールがある

フリータンクは、あくまでもユーザー同士の善意で成り立っているサービス。

 

一部の不届き者が使いすぎてタンクが枯渇しないように維持するには、絶対にルールが必要なのは理解できます。

 

ただ、ちょっと不満なのはパケットの反映が翌日になってしまうことです。

 

容量が足りなくて緊急でパケットを補給したい場合は困ってしまいますよね。

 

このような場合は、足りなくなりそうだと感じたら、なるべく早く引き出しを実行することをオススメします。

 

まとめ:フリータンクはパケットのセーフティネット

いかがでしたか?

 

フリータンクを使ってみて感じたのは、「なるほど、これはパケットのリサイクルだな!」ということです。

 

最近は“食品ロス”が社会的な問題になっています。それを解消すべく、「フードバンク」というシステムがありますが、mineoのフリータンクは言わば「パケットバンク」と呼べるかもしれません。

 

ムダになりそうなパケットをタンクに集め、パケット困窮者を救済する。これはまさにmineoが発明したセーフティネットというわけです。

 

「マイネ王」などに代表されるように、mineoの特徴はユーザー同士の繋がりを大事にしていること。フリータンクはその理念がしっかり現れたサービスだと感じました。

 

乗り換えを検討している人は、ぜひ今回の記事をお役立てください。

mineo公式サイト

詳細レビュー記事

おすすめの格安SIMベスト3

企業の信頼性、料金体系、サービス内容など、管理人が自信を持っておすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
  • 関西電力の関連会社であるケイ・オプティコムが運営
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 「フリータンク」「マイネ王」などの個性的なサービスが充実

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
  • ドコモとauのマルチキャリア対応
  • ファミリー向けのプランが強い
  • 2年以上の継続利用でオプション無料などの特典がある

OCN モバイル ONE

  • 安心のNTTグループ企業が運営
  • 音楽系アプリの通信量が使い放題の「MUSICカウントフリー」が無料
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • この記事を書いた人

しぶちん

出版業界歴19年のITライター&編集者。スマホ代を約70%節約できる「格安SIM」を完全自腹でレビューしています。 各種お問い合わせ、お仕事依頼などは、こちらからどうぞ!

-mineo(マイネオ)

Copyright© ドケチの格安SIM , 2020 All Rights Reserved.