スマホ料金を約70%安くする方法

ドケチの格安SIM

基礎知識

【スマホをお得に利用】MNPの乗り換え費用を節約できる4つの方法

MNP経費を節約

MNPで乗り換える際にネックになるのが、MNP転出手数料や契約事務手数料などの費用がかかってしまうこと。

 

「MNPで乗り換えたいけど、いろいろ費用がかかるのはもったいないなあ…」と不満な方もきっと多いことでしょう。

 

そこで今回はMNPにまつわる費用をスッキリ節約できる方法をご紹介します!

 

実はいろいろかかってしまうMNPの費用

MNPにかかる費用は?

MNPの際にかかる費用は以下のとおりです。

 

  • キャリアからのMNP転出手数料
  • MNP転入手数料・新規契約事務手数料
  • SIM発行手数料
  • 解約金・契約解除手数料

 

ここでは、ドコモ、au、ソフトバンクの三大キャリアから格安SIMに乗り換えるケースを想定しています。

次からそれぞれの費用について解説します。

 

MNP転出手数料

現在契約しているキャリアから他のMVNOへMNPで移転する場合、必ず発生するのが「MNP転出手数料」。

以下の金額を契約元のキャリアに支払う必要があります。

  • ドコモ:2000円(税抜)
  • au:3000円(税抜)
  • ソフトバンク:3000円(税抜)

 

注意

ドコモとソフトバンクに関しては、以下の条件に当てはまるとMNP転出手数料が5000円になるので注意が必要です。

  • ドコモ:ドコモUIMカード単体の新規契約、2in1Bナンバーの契約後、90日以内に転出する場合。
  • ソフトバンク:みまもりケータイ、シンプルスタイル(プリペイド携帯電話)、スマート一括、USIM単体で新規契約後、3ヵ月以内に転出する場合。

 

MNP転入手数料・新規契約事務手数料

今のキャリアをMNPで解約後、新しいMVNOと契約する場合に必要になるのが「MNP転入手数料」あるいは「新規契約事務手数料」などと呼ばれる費用。

 

呼び名は各MVNOによって異なりますが、必ず必要になる費用です。

 

大半のMVNOでは3000円(税抜)ですが、一部のMVNOでは、次に解説するSIM発行手数料分を事務手数料に含めているところもあります。

 

SIM発行手数料

一部のMVNOでは、契約事務手数料とは別に400円(税抜)前後の「SIM発行手数料」を徴収するところもあります。

 

最近はこの手数料を徴収するMVNOが増える傾向にあるので、事前にしっかり確認するようにしましょう。

 

SIM発行手数料を徴収するMVNOの例

  • OCNモバイルONE:394円(税別)
  • IIJmio:タイプD/394円(税別)、タイプA/406円(税別)
  • mineo:400円(税別)
  • LINEモバイル:400円(税別)
  • BIGLOBEモバイル:394円(税別)
  • 楽天モバイル(事務手数料に含まれる):ドコモ回線/394円(税別)、au回線/406円(税別)

解約金・契約解除手数料

キャリアの契約が2年間の定期契約の場合、契約更新月以外にMNP転出すると、以下の解約金・契約解除料が発生します。

 

ドコモ:1,000円もしくは9,500円(税別)

au:1,000円もしくは9,500円(税別)

ソフトバンク:0円~9500円(税別)

 

しぶちん
電気通信事業法が改正され、2019年10月以降に契約したユーザーの違約金は上限で1000円以下に引き下げられました。契約時期により違約金の金額が異なりますので、詳細はキャリアに確認しましょう

 

端末の残債にも注意

キャリア契約時に購入した端末の分割払いが残っている場合は、転出後も引き続き支払いが必要になります。

 

4つの方法でMNPの費用は節約できる!

MNP費用を節約する4つの方法

解説したように、MNPにかかる費用は最低でも5000円、解約金や端末の残債もある場合は1万円を超える場合もあります。

 

もちろん移転先の格安SIMは月額料金が格段に安いので、いずれは費用分をペイできるでしょうが、できるだけ節約したいところ。

 

実はMNPの諸費用を節約できる以下の4つの方法があるんです。

  • 更新期間に合わせて転出する
  • 割引キャンペーンのある格安SIMを選ぶ
  • お得になるエントリーパッケージを使う
  • 保有しているポイントを使う(楽天、LINE)

次から各方法について詳しく解説します。

 

方法1:更新期間に合わせて転出する

2年間の定期契約期間途中でのMNP転出は高額な解約金・契約解除料がかかってしまいます。

 

ですので、特段の理由がない限りは、更新可能な時期(3ヶ月間)に合わせて転出するようにしましょう。

 

転出のタイミングを合わせるだけで解約金を節約できます。

 

方法2:割引キャンペーンで費用を節約する

MVNOの中には、新規顧客を取り込むために割引キャンペーンを行うところがあります。

 

「契約事務手数料無料」

「契約最初の月は利用料無料」

「契約から3ヶ月間は1000円引き」

など、さまざまなバリエーションがあります。

 

転出したい時期にちょうどキャンペーンをやっている格安SIMを選べば、MNPの費用を実質的に浮かせることができます。

 

当サイトでも、以下のようなキャンペーン中の格安SIMを随時ご紹介しています。

 

しぶちん
ぜひ参考にしてください
2020年の最新キャンペーン情報まとめ
【2020年毎月更新】主要20社の格安SIMキャンペーンをまとめて比較

続きを見る

 

方法3:お得になるエントリーパッケージを使う

MVNOの中には、Amazon.co.jp限定で契約事務手数料が無料になったり、月額利用料が一定期間割引になる「エントリーパッケージ」(ウェルカムパッケージ)を販売しているところがあります。

 

パッケージの販売価格は、だいたい300円~900円程度。

 

これを購入してMNP手続きを行えば、初期費用をかなり節約できるので大変お得です。

 

MVNOが提供している各種キャンペーンと併用もできるので、キャンペーン時期に合わせて使うと絶大な恩恵を得られるでしょう。

 

また、「Amazonギフト券プレゼント」「データ容量の増量」など、エントリーパッケージだけの特典が付くケースも。

 

費用を浮かした上に特典が付けば、節約派には嬉しい限りですね。

 

Amazon.co.jpでエントリーパッケージを購入できる主な格安SIM

 

エントリーパッケージについては、以下の記事でも詳しく解説しています。

エントリーパッケージの使い方
【使ってみた】格安SIMのエントリーパッケージのしくみと使い方

続きを見る

 

方法4:保有ポイントを使って費用を節約(楽天、LINE)

楽天モバイルとLINEモバイルなら、関連サービスで貯めていたポイントを支払いに利用できるので、MNPの費用を効率的に節約できます。

 

楽天モバイルは「楽天スーパーポイント」で支払いOK

「楽天市場」「楽天トラベル」など、楽天グループの利用で貯まった「楽天スーパーポイント」を楽天モバイルの支払いに使えます。

 

期間限定ポイントも対象なので、ポイントをムダにすることなく有効利用できます(1ポイント=1円)。

 

ふだんから楽天関連のサービスを使っている人は、かなりまとまったポイントが溜まっている人も多いと思うので、移転先のMVNOは楽天モバイルblankを選ぶのが最適です。

 

なお、楽天スーパーポイントを支払いに使う場合は、楽天モバイル申し込み時に、お客様情報入力画面の「楽天スーパーポイント口座番号」→「利用方法」で、支払いに使うポイント数を入力すればOKです。

 

LINEモバイルは「LINEポイント」で支払いOK

LINEモバイルといえば、日本でもっとも人気の高いSNSである「LINE」を運営しています。

 

このLINEの利用で貯められる「LINEポイント」をLINEモバイルの支払いに利用できます(1ポイント=1円)。

 

LINEは若い人を中心にヘビーユーザーが多いので、LINEポイントがかなり溜まっているという人もいるでしょう。

 

LINEモバイルblankにはLINEのデータ通信量がカウントフリーになるメリットもあるので、MNPの移転先にうってつけのMVNOです。

 

なお、LINEポイントを支払いに使う場合は、「LINE」アプリから契約者連携を行い、「LINEモバイル」のマイページでポイントの利用設定を行えばOKです。

 

まとめ:うまく立ち回ればMNP費用の実質ゼロも可能

MNPにかかる費用は?

今回は、MNPにかかる費用の節約方法についてご紹介しました。

 

転出時期に注意しつつ、格安SIM選びもお得になるMVNOを選ぶようにすれば、かなり節約できることがお分かりいただけたと思います。

 

キャンペーンやポイントなどを組み合わせれば、費用の分を完全にペイできることもあるので、実質ゼロで乗り換えられる可能性も十分にあります。

 

費用が気になって二の足を踏んでいた方も、これで不安が解消されたはずです。

 

しぶちん
費用を賢く節約してMNP手続きをしましょう

 

2020年の最新キャンペーン情報まとめ
【2020年毎月更新】主要20社の格安SIMキャンペーンをまとめて比較

続きを見る

2020年おすすめの格安SIMの最新ランキング
【2020年版】格安SIMおすすめランキング決定版

続きを見る

おすすめの格安SIMベスト3

企業の信頼性、料金体系、サービス内容など、管理人が自信を持っておすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ)

mineo(マイネオ)
  • 関西電力の関連会社であるケイ・オプティコムが運営
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 「フリータンク」「マイネ王」などの個性的なサービスが充実

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
  • ドコモとauのマルチキャリア対応
  • ファミリー向けのプランが強い
  • 2年以上の継続利用でオプション無料などの特典がある

OCN モバイル ONE

  • 安心のNTTグループ企業が運営
  • 音楽系アプリの通信量が使い放題の「MUSICカウントフリー」が無料
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • この記事を書いた人
blank

しぶちん

出版業界歴19年のITライター&編集者。スマホ代を約70%節約できる「格安SIM」を完全自腹でレビューしています。 各種お問い合わせ、お仕事依頼などは、こちらからどうぞ!

-基礎知識

Copyright© ドケチの格安SIM , 2020 All Rights Reserved.