ソフトバンク ニュース

【2019年9月開始】ソフトバンクのスマホ新料金プランは損か得か?

ソフトバンクの新料金プランは損か得か?

こんにちは!
現役ITライターのしぶちん@kenja_net  ※詳細プロフィール)です。

2019年の9月13日から、ソフトバンクの新料金プランの受付が始まりました。

 

現在すでにソフトバンクの方はもちろん、他キャリアからの乗り換えを検討している人にとっては、

  • 新しい料金は得なの? それとも損なの?

と気になりますよね。

 

そこで今回は、できたてホヤホヤのソフトバンクの新料金プランの損得勘定を分析してみることにしました。

 

この記事を読めば

  • ソフトバンクの新料金プランのポイント
  • 新料金プランのメリットとデメリット
  • ソフトバンクと格安SIMの料金プランとの比較
  • ソフトバンク回線が利用できる格安SIM

などがわかります。

しぶちん
ぜひ最後までお読みください

 

ソフトバンクが2019年9月から新料金プランを導入

 

スマホ料金といえば、昨年から今年にかけて3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から、新プランの発表があったばかり。

 

なのに、このタイミングでソフトバンクはまたしても新プランの導入となりました。

 

なんでこんなにコロコロ変わるの?
ぶーちゃん
しぶちん
それはね、総務省からの強いプレッシャーが原因さ。総務省は高いスマホ料金を徹底的に安くしようとしているからね

 

2019年の6月には、契約期間内に解約する場合の違約金の上限を1000円にするルール案も発表されました。

 

ソフトバンクの新プランはこのルール案を受けてのことのようです。

 

参照先

 

ソフトバンクの新料金プランのポイントは?

 

ソフトバンクの新しい料金プランの内容は以下のとおりです。

 

新料金プランのポイント

  • スマホ向けの3種類のプランをリニューアル
  • 料金はリニューアル前と変わらない
  • 割引額は最大で4000円/月
  • 2年縛りが廃止された
  • 違約金が廃止された
  • 旧プランから新プランへの変更も違約金は発生しない
しぶちん
次から詳しく解説していきます

 

スマホ向けの3種類のプランをリニューアル

今回は新プランといっても、実は既存の以下の3種類のプランをリニューアルしただけのものです。

 

ソフトバンクの新プラン

  • ウルトラギガモンスター+
    (データプラン50GB+動画SNSし放題+基本プラン[音声])
  • ミニモンスター
    (データプランミニ[~5GB]+基本プラン[音声])
  • スマホデビュープラン
    (データプラン1GB+基本プラン[音声])

 

「ウルトラギガモンスター+」の特徴

データ通信容量が50GBまで使えるうえに、以下の対象サービスはデータ量が消費されないプラン。

 

ただし、余ったデータ通信量の繰り越しはできません。

 

データ量を消費しない対象サービス

  • YouTube
  • Abema TV
  • TVer
  • GyaO
  • kurashiru
  • Hulu
  • スタディサプリ / スタディサプリ English
  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • TikTok

 

「ミニモンスター」の特徴

利用可能なデータ通信量の上限が50GBで、以下のように使用した通信量に応じて段階的に料金が上がるプラン。

 

こちらも余ったデータ通信量の繰り越しはできません。

 

  • (~1GB) 3,000円/月
  • (~2GB) 5,000円/月
  • (~5GB) 6,500円/月
  • (~50GB) 7,500円/月

 

「スマホデビュープラン」の特徴

初めてスマホを持つ人向けに用意されたプランで、以下のような特徴があります。

このプランも余ったデータ通信量の繰り越しはできません。

 

  • データ容量は上限1GB
  • 機種変更の場合は、変更前に対象機種のガラケー(フィーチャーフォン)を使用していること
  • のりかえ(MNP/番号移行)の場合は、電話番号を表示できる他社のガラケー(フィーチャーフォン)を利用していること
  • 通話オプションとして、「準定額オプション」(5分以内の通話かけ放題)もしくは「定額オプション」(24時間通話し放題)への加入が必須

 

肝心の料金はリニューアル前と変わらない

細かい内訳は微妙に変わっているのですが、実はトータルの料金は以下のようにリニューアル前と変わりません。

 

リニューアル前

 ※タップして拡大

リニューアル後

 ※タップして拡大

 

しぶちん
ちなみに、データ使用量が2GBを超えると、「ミニモンスター」より「ウルトラギガモンスター+」方が安くなります

 

割引額は最大で4000円/月

ソフトバンクでは、各種条件に応じて以下の割引サービスを用意しています。

 

  • 1年オトク割:-1000円/月
    (契約から1年間のみ適用される)
  • みんな家族割+:-2000円/月
    (家族や友人と一緒に契約すると適用される。最大4人まで。2人契約で-500円/月、3人契約で-1500円/月)
  • おうち割 光セット:-1000円/月
    (ソフトバンクの光回線にセットで加入すると適用される)
  • 1GB専用割引:-1000円/月
    (「スマホデビュープラン」のみに適用される)

 

ただし、プランによって以下のように使える割引の種類が異なります。

 

割引対象のプラン

  • 1年オトク割:3つのプランすべてで利用可能
  • みんな家族割+:「ウルトラギガモンスター+」のみ
  • おうち割 光セット:「ウルトラギガモンスター+」「ミニモンスター」のみ
  • 1GB専用割引:「スマホデビュープラン」のみ

 

2年縛りが廃止された

これは画期的な決断だと思います。新プランに関しては、2年縛りが完全に無くなりました。

しぶちん
他社に先駆けて完全廃止。これは評価できます

 

違約金が廃止された

新プランに関しては、2年縛りの廃止とともに、違約金(契約解除料)も廃止されました。

長年にわたってユーザーをく苦しめてきた制度がついになくなりました。

しぶちん
スマホ業界の悪しき商慣習がなくなったのは実に喜ばしいことです!

 

旧プランから新プランへの変更も違約金は発生しない

なお、現在旧プランを契約しているユーザーが、新プランへの変更を希望する場合は違約金はかかりません。

 

既存ユーザーの方は、安心して新プランへ移行できます。

また、旧プランのまま利用を継続することも可能です。

 

新料金プランのメリットとデメリット

 

今までの解説を踏まえたうえで、ソフトバンクの新料金プランのメリットとデメリットをまとめてみました。

 

メリット

  • 2年縛りと違約金が完全に廃止された
  • 拘束がないので他社へ乗り換えやすくなった
  • 割引が最大で4000円受けられる
  • 「スマホデビュープラン」はかなり割安

 

デメリット

  • 「ウルトラギガモンスター+」を契約させたい意図が見える
  • 割引が最大額まで受けられるケースはたぶん少ない
  • 割引が少ない場合は割安感ない
  • どのプランも余ったデータ容量の繰り越しができない
  • スマホデビュープランのデータ容量が少ない
しぶちん
特に独身で、光回線を使う予定もなく、なおかつ一緒に契約できる家族や友人がいない人はメリットが少なそう

 

 

新規もしくはMNPでソフトバンクと契約すると特典あり

新しいプランが気に入って他キャリアからソフトバンクに乗り換えたい方は、新規もしくはMNPで契約すると、下取りや各種キャンペーンなどで、さまざまな特典をもらえます。

 

興味のある方は公式サイトからチェックしてみてください。

公式ソフトバンク公式サイト

 

ソフトバンク新プランと格安SIMの料金を比較してみた

 

スマホユーザーの中には、いわゆる「格安SIM」に興味のある人も多いと思います。

 

そこで、ソフトバンクの新プランと格安SIM(LINEモバイル)の料金のどちらがお得か比較してみました。

 

ソフトバンク「ウルトラギガモンスター+」とLINEモバイルの料金比較

スマホユーザーが1ヶ月に使うデータ容量は、実はほとんどの人が3GB以内で済んでいます。

 

MMD研究所の2018年12月の調査によれば、

スマートフォンユーザーの契約プラン、3GB以下が35.2%で20GB以上が18.3% 一方、実際に利用している通信量は3GB以下が46.8%、20GB以上が8.7%

という結果が出ています。

参照先

 

ですので、ここでは「月間3GBのデータ通信量を使用する」というケースで、料金を比較してみます。

 

ソフトバンクの新プランの場合、すでに解説したようにデータ量2GB超の利用で「ウルトラギガモンスター+」がいちばんお得になります。

 

そこで、ややいびつではありますが、以下の条件で比較してみます。

 

  • ソフトバンク:「ウルトラギガミニモンスター+(50GB)
  • LINEモバイル:「コミュニケーションフリープラン  3GB 音声通話SIM

 

また、ソフトバンクでは条件に応じて月額料金の割引が受けられます。

 

わかりやすくするために割引額ごとに比較結果を分けて掲載します。

 

「1年オトク割」のみ適用時

 

「1年オトク割」+「みんな家族割(4人)」の適用時

 

「1年オトク割」+「みんな家族割(4人)」+「おうち割 光セット」の適用時

しぶちん
料金的には、圧倒的に格安SIMの方がお得になりました

 

もちろん、ソフトバンクの「ウルトラギガモンスター+」はデータ通信量が50GBまで使えて圧倒的に大容量。

 

なおかつデータ量がカウントされないカウントフリーの対象サービスも多いというメリットもあります。

 

しかし、3GB程度しか使わない一般的なユーザーには、明らかにオーバースペックで料金のムダがあるという印象です。

 

「スマホデビュープラン」とLINEモバイルの料金比較

次に、ソフトバンクでデータ容量1GBで安く使える「スマホデビュープラン」とLINEモバイルを以下の条件で比較してみます。

 

なお、すでに解説したとおり、スマホデビュープランで使える割引は、「1GB専用割引」と「1年オトク割」だけになります。

 

  • ソフトバンク:「スマホデビュープラン
  • LINEモバイル:「LINEフリープラン(1GB) 音声通話SIM

 

スマホデビュープランとの比較(割引適用後)

 

しぶちん
2ヶ月目から13ヶ月目なら、1年オトク割の効果でソフトバンクの方が220円安くなります。 しかし、14ヶ月目以降になると、LINEモバイルの方が780円安くなります。

 

結論:2年縛りと違約金廃止は大英断だが料金はムダが多い

今回はソフトバンクの新料金プランを分析してきましたが、最終的な結論としては以下の通りです。

 

  • 2年縛りと違約金廃止はすばらしい
  • スマホデビュープランは容量は少ないけどけっこうお得
  • 「ウルトラギガモンスター+」は3GB程度しか使わないユーザーには料金のムダ
  • 「ミニモンスター」は価格が中途半端で存在意義が希薄
  • データ繰り越しに対応していない
  • 安さとデータ繰り越しを優先するなら格安SIMがオススメ

 

料金のムダが多いというのもあるのですが、余ったデータ容量の翌月への繰り越しができないという点が個人的には不満ですね。

 

ちなみに格安SIMなら、LINEモバイルをはじめ大半の事業者が余ったデータ容量を翌月に繰り越すことができます。

 

たとえば、データ容量3GBプランで1GBしか使わなかったら、余った2GBが翌月に繰り越されます。

しぶちん
翌月は基本容量と合わせて合計5GBまでデータ通信量を使える仕組みですね

 

ソフトバンク回線に対応した格安SIMは?

ソフトバンクユーザーが格安SIMに乗り換えたい場合、ソフトバンク回線に対応した格安SIMを選ぶと手持ちの端末がそのまま使えて便利です(※ただしSIMロック解除が必要な場合あり)。

 

ソフトバンク回線に対応した格安SIMはまだ少ないのですが、筆者がオススメできるのは以下の2つの格安SIMです。

 

 

また、乗り換える際はキャンペーン期間に申し込むと、初期費用や月額料金の大幅割引があるので大変にお得です。

 

当ブログでは最新のキャンペーン情報を掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい
【2019年最新版】格安SIM・格安スマホキャンペーン情報まとめ

主要な格安SIMでは、初期費用や月額料金、端末が割引になるキャンペーンを随時行っています。   このページでは格安SIM・格安スマホの最新キ ...

続きを見る

迷ったらココ! 格安SIMおすすめランキング

企業の信頼性、料金体系、サービス内容など、管理人が自信を持っておすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ)

  • 関西電力の関連会社であるケイ・オプティコムが運営
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 「フリータンク」「マイネ王」などの個性的なサービスが充実

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
  • ドコモとauのマルチキャリア対応
  • ファミリー向けのプランが強い
  • 2年以上の継続利用でオプション無料などの特典がある

OCN モバイル ONE

  • 安心のNTTグループ企業が運営
  • 音楽系アプリの通信量がカウントされない「MUSICカウントフリー
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • この記事を書いた人

しぶちん

業界歴19年のドケチなITライター。スマホ代を約70%節約できる「格安SIM」の賢い選び方をお届けします。 各種お問い合わせ、お仕事依頼などは、お問い合わせフォームからどうぞ!

人気のエントリー

1

主要な格安SIMでは、初期費用や月額料金、端末が割引になるキャンペーンを随時行っています。   このページでは格安SIM・格安スマホの最新キ ...

消費税10%の支出は格安SIMですぐに節約できる 2

こんにちは! ITライターのしぶちん(@kenja_net  ※詳細プロフィール)です。   9月に入り、いよいよ消費税10%のスタートまで ...

2019年おすすめ格安SIMランキング 3

格安SIMとひと口に言っても、MVNO(格安SIM事業者)の数は200社以上もあります。 これだけあると、初心者の方は、どの格安SIMを選んでいいかわ ...

2019年11月 SIMロック解除義務化 4

こんにちは! 現役ITライターのしぶちん(@kenja_net  ※詳細プロフィール)です。 ついに大手スマホキャリアの「SIMロックの即時解除」が義 ...

ソフトバンクの新料金プランは損か得か? 5

こんにちは! 現役ITライターのしぶちん(@kenja_net  ※詳細プロフィール)です。 2019年の9月13日から、ソフトバンクの新料金プランの ...

-ソフトバンク, ニュース

Copyright© ドケチの格安SIM , 2019 All Rights Reserved.