格安SIM

【格安SIM】月額1000円未満のおすすめ音声通話SIMベスト3

更新日:

月額1000円未満の格安SIM

大手キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)から乗り換えることで、大幅にスマホ料金を節約できる「格安SIM」。

しかし、格安SIMの中でもさらに徹底的に安さにこだわりたいという人もいるでしょう。

そんなに人に最適なのが、「音声通話付きで1000円未満で使える格安SIM」です。

そこで、今回は1000円未満で使える格安SIMの情報をまとめてみました。

筆者・しぶちんのようなドケチな人は、ぜひ参考にしてください。

通話付きでLTE使い放題が月額3500円以内の格安SIMについてはこちら

月額3500円以内でデータ通信使い放題
【月額3500円以内】データ使い放題で音声通話付きの格安SIM

スマホでは、契約しているプランに応じて「3GB」「5GB」など、高速通信のデータ容量が決まっています。 契約した容量を超過すると、低速通信に制限されて ...

1000円未満で使える音声通話付き格安SIMは3社のみ!

乱立している格安SIMですが、さすがに音声通話付きの1000円未満となると、なかなか見つかりません。

調査の結果、見つかったのはたった3社のプランだけでした。

それぞれのSIMにランキングを付けた上で、特徴をまとめてみました。

第3位:「b-mobile 990ジャストフィットSIM」 月額990円~

安さで第3位に入ったのが「b-mobile 990ジャストフィットSIM」(日本通信)。

その名の通り、音声通話付きで月額990円(税抜)から使える激安のSIMです。

SIMはドコモスマホ用かソフトバンクiPhone用を選べる

利用回線の種類はドコモに加え、ソフトバンクiPhone用にも対応。

利用する端末に応じてSIMを選べるようになっています。なお、回線の種類によって料金体系が異なります。

使用したデータ通信量に応じた従量制課金でムダがない

料金は、使ったデータ通信量に応じて金額が上がっていく従量制。

使ったぶんだけをムダなく支払えるのがメリットです。

「b-mobile 990ジャストフィットSIM」料金体系

使い過ぎを防止する「データ量上限設定」がある

5GB~15GBの間で自由にデータ量の上限を設定できます。

上限に達すると以降は低速に切り替わるので、うっかり通信量を使いすぎてしまうのを防止できます。

最低利用期間は5ヶ月間 期間内の解約は8000円の解約金

最低利用期間が5ヶ月間という縛りがあります。

5ヶ月未満で解約した場合、8000円(税抜)の解約金を取られてしまいます。

「b-mobile 990ジャストフィットSIM」特徴まとめ

ココがおすすめ

・使った通信量ぶんだけを払うので料金にムダがない

・ドコモ回線とソフトバンク回線(iPhone)が選べる

・使い過ぎを防止できる機能がある

ココがダメ

・最低利用期間が5ヶ月間。解約金は8000円

\使った分だけでムダがない!/

b-mobile公式サイト

第2位:「ロケットモバイル 神 プラン+通話」 月額948円

安さで第2位になったのが「ロケットモバイル 神 プラン+通話」。

ロケットモバイルは、株式会社エコノミカルが立ち上げた格安SIMブランドです。

この中の「神プラン」を音声付きで契約すれば、200kbpsの低速専用ですが月額948円(税抜)で利用できます。

「ロケモバポイント」で月額0円も可能なユニークな料金体系

ロケットモバイルの料金体系でユニークなのは、「ロケモバポイント」という独自のポイントシステムを採用している点。

アプリダウンロードや会員登録などのお手伝い案件をこなすことでポイントを貯めることができ、そのポイントを支払いに使うことができるんです。

たとえば神プランのユーザーが400ポイントをゲットすれば、その月の請求額を0円にしたうえに、余ったポイントを翌月に繰り越すことができます。

ロケットモバイルの通話プラン(Dプラン)

プラン名 月額料金(税抜) ロケモバ ポイント
神プラン(200kbpsの低速専用) 948 円 ポイントを貯めて使用することで最大0円に!!
1GBプラン 1,250 円
2GBプラン 1,300 円
3GBプラン 1,400 円
5GBプラン 1,800 円
7GBプラン 2,400 円
20GBプラン 4,670 円

「神プラン」は200kbpsの低速専用プラン

冒頭でも申し上げましたが、破格に安い「神プラン」は通信速度200kbpsの低速専用です。

主にWi-Fi環境で利用する人や、通話やメールなど必要最小限のアプリしか使わないという人に向いています。

利用中のプランを当月中に変更できる

追加チャージの機能はありませんが、利用中にリアルタイムで上位プランに変更して容量を追加するという使い方ができます(利用開始月以外)。

神プランで使っていても、高速通信を急遽使いたい場合に便利です。

神プラン以外は通信容量の繰り越しに対応

1GB以上のプランは、余った通信容量の翌月繰り越しに対応しています。

「神プラン」は低速専用なので、当然のことながら繰り越しなどはありません。

通話プランは1年間の最低利用期間で解約金は9500円

今回ご紹介している通話プランの場合、1年以内の解約の場合9,500円(税抜)の解約金が発生します。

通話プランはドコモ回線のみ

実はロケットモバイルにはソフトバンク回線のコースも用意されていますが、音声通話付きのプランはありません。

今回の趣旨のように音声通話付きで利用できるのはドコモ回線のコースだけです。

「ロケットモバイル神プラン」特徴まとめ

ココがおすすめ

・通話付きで月額948円(税抜)と激安

・ロケモバポイントを貯めて支払いに利用できる

・リアルタイムでプラン変更ができる

ココがダメ

・「神プラン」は200kbpsの低速でしか使えない

・最低利用期間が1年間。解約金は9500円(税抜)

・ソフトバンク回線では通話プランがない

\低速オンリーだが激安!/

ロケットモバイル公式サイト

第1位:「nuroモバイル 0 SIM 音声プラン」 月額700円~

「1000円未満で使える音声付き格安SIM」という括りで、圧倒的な安さを見せつけてナンバーワンとなったのは「nuroモバイル 0 SIM 音声プラン」でした。

何と月額700円(税抜)からの利用が可能です!

圧倒的な業界最安値! 高速データ通信が500MBまで無料

「nuroモバイル 0 SIM 音声プラン」は、データ使用量に応じた従量制の料金体系。

特徴は、何と言っても500MBまでのデータ通信料金が無料であること。

音声通話付きSIMなら、音声通話の付帯料金である700円のみで利用できるというわけです。

「nuroモバイル 0 SIM 音声プラン」の料金体系

データ使用量 月額料金(税抜)
0~499MB 700円
500~599MB 800円
600~699MB 900円
700~799MB 1,000円
800~899MB 1,100円
900~999MB 1,200円
1,000~1,099MB 1,300円
1,100~1,199MB 1,400円
1,200~1,299MB 1,500円
1,300~1,399MB 1,600円
1,400~1,499MB 1,700円
1,500~1,599MB 1,800円
1,600~1,699MB 1,900円
1,700~1,799MB 2,000円
1,800~1,899MB 2,100円
1,900~2,047MB 2,200円
2,048MB~5,000MB 2,300円

対応する回線はドコモのみ

最近は複数の回線に対応する格安SIMも増えてきましたが、0SIMはドコモ回線のみに対応しています。

上限の通信容量は5GBとかなり少なめ

上限のデータ通信総量は5GBまでと、大容量コンテンツが多い最近の事情を考えると、かなり少なめです。

ただし、この容量あたりまで使うくらいなら、他社の5GBプランを使ったほうが割安です。

追加チャージに対応するが高すぎ…

万一、上限の5GBを超えても、追加チャージで通信容量を購入することができます。

ただし、100MB:500円、500MB:2,100円1GB:3,800円とかなり割高です。

MNPでは3日~1週間程度の不通期間ができてしまう

とにかく安すぎるくらい安いのが魅力ですが、最大の問題点はこれかもしれません。

申し込み後、MNP手続きが完了した時点で以前のSIMカードは使用できなくなります。

0SIMのSIMカードが到着するまで(通常3日~1週間程度)、スマホが使えない不通期間が生じてしまいます。

通話付きの最低利用期間は1年間で解約金は5000円

0SIMでは、音声通話付きの場合、1年間の最低利用期間が設定されています。

期間内に解約すると5000円(税抜)の解約金を取られます。

「nuroモバイル 0 SIM 音声プラン」特徴まとめ

ココがおすすめ

・通話付きで月額700円(税抜)の業界最安値!

ココがダメ

・使ったぶんだけ払う従量制だが、上限総量が5GBと少ない

・最低利用期間が1年間。解約金は5000円(税抜)

・追加チャージの料金が高い

・MNPでスマホの不通期間が生じる

\とにかく安さにこだわるなら/

nuroモバイル 0 SIM公式サイト

まとめ:安さは大正義! でもデメリットのチェックも忘れずに

いかがでしたか?

今回は、「【格安SIM】月額1000円未満のおすすめ音声通話SIMベスト3」と題してお送りしました。

1000円未満となると、さすがに数は少ないですが、徹底的に通信費を節約したい方にはかなり重宝するでしょう。

ただし、解説したように、それぞれのSIMにはメリットとデメリットがあります。

安さだけに目を奪われずに、デメリットを理解した上で契約するようにしましょう。

おすすめの格安SIMベスト3

企業の信頼性、料金体系、サービス内容など、管理人が自信を持っておすすめできる格安SIMです。

mineo(マイネオ)

  • 関西電力の関連会社であるケイ・オプティコムが運営
  • ドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応
  • 「フリータンク」「マイネ王」などの個性的なサービスが充実

IIJmio

IIJmio(みおふぉん)
  • ドコモとauのマルチキャリア対応
  • ファミリー向けのプランが強い
  • 2年以上の継続利用でオプション無料などの特典がある

OCN モバイル ONE

  • 安心のNTTグループ企業が運営
  • 音楽系アプリの通信データ量がカウントされない「MUSICカウントフリー」
  • 無料で全国8万ヶ所のWi-Fiスポットが使える
  • この記事を書いた人

しぶちん

業が深いアラフォードケチの格安SIM漂流者。現役のITライターでもあります。今まで使った格安SIMは16社以上。実際に使った格安SIMを徹底レビュー!  「しぶちん」名義ではライブドアニュース等で執筆。別名義で雑誌・書籍でも執筆中。 格安SIM選びのご相談、各種お問い合わせ、お仕事依頼などは、お問い合わせフォームからお願いします!

人気のエントリー

1

  「mineo」(マイネオ)といえば、格安SIMの中でも特に人気が高く、テレビCMも放映されているので知名度もバツグンですよね。 &nbs ...

DMMモバイルのSNSフリー 2

すでにDMMモバイルを利用している人、もしくは検討している人の中には、オプションサービスである「SNSフリー」が気になっている人も多いのではないでしょ ...

2019年お得な格安SIM割引キャンペーン 3

主要なMVNOでは、初期費用や月額料金が割引になるキャンペーンを随時行っています。 このページでは最新のキャンペーン情報を掲載していますので、ぜひ参考 ...

ドコモのギガホと格安SIMどっちがお得か? 4

かねてから導入が検討されていたドコモの新料金プランがついに発表されました。 その名も「ギガホ」と「ギガライト」。2019年5月22日(水)から予約受付 ...

IIJmioレビュー 5

「IIJmio」といえば、いちはやく格安SIMの世界に参入した老舗のMVNO(格安SIM事業者)です。 インターネットプロバイダーとしておなじみの「I ...

-格安SIM

Copyright© ドケチの格安SIM , 2019 All Rights Reserved.